小説制作所

兼業ライターが小説を電子書籍化、発売しています。

ジョン・ウィック キャプター2

f:id:inaba20151011:20180307141518j:plain

 

今度は家を壊されキレる

 60/100

 

あらすじ

 キアヌ・リーブスが伝説の元殺し屋に扮し、銃とカンフーを融合させた新銃術「ガンフー」を取り入れたアクションでヒットを記録した「ジョン・ウィック」のシリーズ第2弾。前作でニューヨークを舞台にロシアン・マフィアを相手に繰り広げた壮絶な復讐劇から5日後。平穏な生活を送りたいジョンは、イタリアン・マフィアのサンティーノからの殺しの依頼を断るが、それにより自宅を爆破されてしまう。ジョンはサンティーノへの復讐を開始するが、命の危険を感じたサンティーノに7億円もの懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋から命を狙われる事態に巻き込まれてしまう。チャド・スタエルスキが前作に引き続き監督を担当。ジョン・レイグイザモ、イアン・マクシェーンら前作からのキャストに加え、グラミー賞ラッパーのコモン、「トリプルX 再起動」のルビー・ローズらがジョンを狙う殺し屋として出演。リーブスの代表作である「マトリックス」シリーズのローレンス・フィッシュバーンが独自の組織を束ねるキング役で出演。

 

簡単な説明

 

 ジョン・ウィックシリーズ第2弾。

 前作で犬を殺されたが、今作では家を破壊されたもよう。

 闇組織の制約により、サンティーノに復讐するには、彼の姉を殺さなければならなくなったジョン。

 姉はジョンに殺されることを悟り、自害する。

 制約がなくなり、ジョンは遠慮なく、サンティーノを狙う。

 銃とアクションが融合したアクションシーンは前作同様見もの。

 どこから殺し屋に狙われるのか、あせりと恐怖を見せるジョンに、どこか人間味を感じたりする。

 衝動的な行動は果たして正しいのか? 

 続編を意識したオチに注目だ。

 海外ドラマ化しそうな予感。

 

 

予告映像