小説制作所

兼業ライターが映画を語っています。

フローズン・ストーム

f:id:inaba20151011:20210404132427j:plain


 夫婦げんかは醜いよね

 20/100

 

 

あらすじ

 

驚愕の<実話>! あなたは生き残れるか?


 アカデミー賞 作品賞含む4冠の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』 『トリプル9 裏切りのコード』 プロデューサー最新作。

《ストーリー》
 吹雪の後、凍結した車の中に閉じ込められた夫婦。気温が急降下する極寒の車内。

 

 電話もつながらず、車のドアも開かない。

 

 氷点下の外に出るよりも車内で助けを待とうと諭す夫に対し、妊娠中の妻は今すぐ脱出すべきだと強く主張する。

 

 そしてこの意見の違いをきっかけに、より大きな混乱が生まれることになる…。果たして2人は生き残れるのか! ?

 

 驚愕の実話からインスパイアされたパニックスリラー!

 

簡単な説明

 

 ワンシチュエーション映画。

 雪に閉じ込められ、車中に始まり、車中に終わるという恐ろしいほどの狭さを誇っている。

 表紙には『なぜ車中に閉じ込められたのか?』と大げさに言っているが、単に車中で寝てたから閉じ込められたのである。

 実話を元に発想を得たようで、ドキュメンタリーみたいだが、リアリティはほぼないといっていいだろう。

 

 ノルウェーにやってきた夫婦。

 妻は作家で、サイン会のためにやってきていた。

 雨が降り、外が真っ暗だったため車中泊をしていたところ、いつの間にか雪が積もり、車から出られなくなっていた。

 妻は妊娠していたが・・・。

 

 前半は夫婦げんかばかりで、夫婦の秘密が明かされるが、特にすごいというわけではない。

 クリーチャーや、謎の人物、霊が出てくるわけでもなく、低予算っぷりがひしひしとわかる。

 後半は奥さんが出産するのだが、ここが最大の山場といってもいいだろう。

 旦那がしつように、「外に出るな!」と言っているのは、

 

・外に出ても初めての地域だから道に迷う。

・吹雪いているだろうから危ない。

・奥さん超ヒステリー。(パニックを起こして外に出たいだけ)

 

 だからである。

 内容もいまいちリアリティが足りず、90分と短い尺で人間ドラマも見えず、ただ車中でけんかする夫婦を見せられることになる。(赤ちゃんが生まれてから多少仲がましになる、というか、片方が死ぬ)

 怖い物見たさ・・・暇だったら見てもいい映画だ。

 一応ハッピーエンドだった。

 

予告映像

 

 

 

 

 映画ノベライズ

 

 

宣伝

 

――――

【小説制作所より『異世界に飛ばされた清掃委員だけど何か質問ある?』好評発売中!】

 

 

――――