小説制作所

兼業ライターが映画を語っています。

黒人魚

f:id:inaba20151011:20190910133131j:plain


 溺愛したいのか?

 50/100

 

あらすじ

 

 「ゴースト・ブライド」のスビヤトスラフ・ポドガイエフスキー監督が、ロシアに伝わる「ルサールカ(水の霊)」の伝説をもとに描いたダークファンタジースリラー。

 静養のため友人たちと湖畔の別荘へやって来たローマが深夜、湖でひとり泳いでいると、目の前に謎の女が現れる。

 それ以来、ローマは恐ろしい幻影に襲われるようになり、徐々に体力が衰えていく。

 ローマと同じく幻影に悩まされる婚約者マリーナは、かつてこの湖で女性が入水自殺したことを知る。

 マリーナ役に「ゴースト・ブライド」のビクトリア・アガラコバ。

 ヒューマントラストシネマ渋谷&シネ・リーブル梅田で開催の「未体験ゾーンの映画たち2019」上映作品。

 

簡単な説明

 

 人魚伝説をモチーフにした現代モノホラー。

 ルサールカとは、若くして溺死した花嫁がなるという水の精霊。

 男性を水の中に引きずり込むといわれている。

 日本の心霊ものと違い、クリーチャーものなので、ゾンビと何が違うのかと言われれば、違いがよくわからない造形というのが感想である。

 

 ローマと恋人のマリーナは婚約していたが、プールでのちょっとした事故でけんかしてしまう。

 ローマは独身最後の日だと、親友に誘われ、行方不明になった父親の家に行く。

 けんかしたことを気にしてか、ローマが近くの湖で泳いでいると、少女が桟橋のそばで立っている。

 彼女は問う、「私を愛しているか?」、と……。

 

 心霊現象とは違い、クリーチャーものなので、物理攻撃が満載だ。

 実体があるので、蹴りも普通に入ってしまう。

 最後のオチも、彼女がカナズチだと知っているのなら、恐怖はさらに半減する。

 彼氏のしぶい顔は人魚の愛が忘れられないからか。

 ぜひ人魚に「愛」ってそんなに長く続かないぜと、誰か教えてやってほしい。 

 

予告映像

 

映画ノベライズ

 

inaba20151011.hatenablog.jp