小説制作所

兼業ライターが映画を語っています。

ハロウィン

f:id:inaba20151011:20191008140520j:plain


 殺人鬼は焦らない

 70/100

 

あらすじ

 

  ジョン・カーペンター監督による1978年の名作ホラー「ハロウィン」の40年後を描いた続編。

 

 ジャーナリストのデイナとアーロンは、40年前のハロウィンに起きた凄惨な殺人事件の真相を調べていた。

 

 犯人の「ブギーマン」ことマイケル・マイヤーズは事件後ひと言も話さず、動機や感情は一切不明。事件の唯一の生き残りであるローリー・ストロードに話を聞いても収穫はなかった。

 

 しかしローリーは再びマイケルが自分の前に現れることを予感し、その時のためにひとり備えていた。

 

 そしてハロウィン前夜、精神病棟から患者を輸送する車が横転し、マイケルが再び街に解き放たれる。

 

 78年版でローリーを演じたジェイミー・リー・カーティスが再び同役を務め、「ジュラシック・ワールド」のジュディ・グリアらが共演。

 

 ジョン・カーペンターが製作総指揮のほか音楽も担当。

 

パラノーマル・アクティビティ」シリーズのジェイソン・ブラムが製作、「ボストンストロング ダメな僕だから英雄になれた」のデビッド・ゴードン・グリーンがメガホンをとった。

 

簡単な説明

 

 不朽の名作『ハロウィン』の続編。

 殺人鬼である兄と、生き残った妹の因縁の対決が描かれている。

 前作から40年という設定なので、2人ともすっかり老いてしまっている。

 不気味なマスクをかぶった殺人鬼によるスプラッター・ムービー。

 

 2人のジャーナリストが、医療施設に収容中の殺人鬼マイケルを訪問。

 彼は40年前のハロウィンで人殺しを行っていた。

 話しかけるが、マイケルは何も話さず、撤退することになる。

 マイケルの妹ローリーは、精神的病により、自身の娘からも隔離された生活を送っていた。

 孫娘であるアリソンをかわいがっており、なんとか社会復帰を目指すが、うまくいかないでいる。

 ある日、マイケルを乗せた護送車が、何者かによって事故を起こしていた・・・。

 

 続編という形なので、マイケルの正体がわかっており、彼を知っている人間は殺す気マンマンである。(笑)

 スプラッターなので苦手な人は観ないほうがいいし、前作をよく知らない人も入り込みずらいかもしれない。

 ハロウィンはロブ・ゾンビによってリメイクされていて、その作品では、妹を殺すことにためらったシーンもあったが、今回はようしゃなく殺しにかかってくる。

 それは、より原作に近い内容である。

 ただマイケルはどっしりと殺人をしており、焦って追いかけたりせず、逃げる人物は彼のために転んだりしていたが、それはホラーのお約束である。 

 

予告映像

 

 映画ノベライズ

 

inaba20151011.hatenablog.jp