小説制作所

兼業ライターが映画を語っています。

犬鳴村

f:id:inaba20151011:20201103141834j:plain


 日本からなくなった村

 50/100

 

あらすじ

 

呪怨」シリーズなどで知られるホラー映画の名手・清水崇監督が、福岡県に実在する心霊スポットを舞台に描くホラー。

 

 主演は「ダンスウィズミー」の三吉彩花

 

 臨床心理士の森田奏の周辺で奇妙な出来事が次々と起こりだし、その全てに共通するキーワードとして、心霊スポットとして知られる「犬鳴トンネル」が浮上する。

 

 突然死したある女性は、最後に「トンネルを抜けた先に村があって、そこで○○を見た……」という言葉を残していたが、女性が村で目撃したものとは一体なんだったのか。

 

 連続する不可解な出来事の真相を突き止めるため、奏は犬鳴トンネルへと向かうが……。

 

 主人公の奏役を三吉が演じ、坂東龍汰、大谷凛香、古川毅、奥菜恵寺田農石橋蓮司高嶋政伸高島礼子らが脇を固める。

 

簡単な説明

 

 日本では有名な心霊スポット『犬鳴村』に着目したホラー。

 なぜ犬鳴村は日本の地図からなくなったのか。

 その謎と血筋を追うストーリーになっている。

 清水崇監督は「呪怨」で海外でも有名。

 

 冒頭、主人公奏の兄は、恋人と犬鳴村にきており、そこで怪異と出会う。

 その後恋人は気が狂い、自殺する。

 主人公の奏は、臨床心理士で、「本当のママが見える」と言う子供を相手にしていた。

 奏は霊が見える体質で、子供の母親は死んでいることに気づく。

 奏の兄は恋人の敵を討とうと、再び犬鳴村に向かうが・・・。

 

 感想としては普通のホラー。

 最後はクリーチャーまで出てくる。(笑)

 犬鳴村では野犬を捕らえては食べ、獣姦があるとくれば……まあ、想像どおりである。

 日本特有の湿ったホラー、突然脅かす海外ホラーではなく、ふと映る『何か』という演出は良かった。

 村の閉鎖感も醸し出しており、日本のいやーな闇を見せてくれる。

 悪くはなかったので、ぜひホラーを体感したい人は観てほしい。

 

予告映像

 

 

 

 

 映画ノベライズ

 

inaba20151011.hatenablog.jp