小説制作所

兼業ライターが映画を語っています。

キングスマン ゴールデン・サークル

f:id:inaba20151011:20180416075612j:plain

 

紳士が武装してやってくる

 70/100

 

あらすじ

 世界的ヒットを記録したイギリス製スパイアクション「キングスマン」の続編。イギリスのスパイ機関キングスマンの拠点が、謎の組織ゴールデン・サークルの攻撃を受けて壊滅した。残されたのは、一流エージェントに成長したエグジーと教官兼メカ担当のマーリンのみ。2人は同盟関係にあるアメリカのスパイ機関ステイツマンに協力を求めるが、彼らは英国文化に強い影響を受けたキングスマンとは正反対の、コテコテにアメリカンなチームで……。主演のエガートンやマーリン役のマーク・ストロングら前作のキャストに加え、ステイツマンのメンバーにチャニング・テイタムジェフ・ブリッジスハル・ベリー、謎の組織ゴールデン・サークルのボスにジュリアン・ムーアら豪華キャストが新たに参加。さらに、前作で死んだと思われていたコリン・ファース扮するエグジーの師ハリーも再登場する。前作に続き、「キック・アス」のマシュー・ボーンがメガホンをとる。

 

簡単な説明

 

 キングスマンの続編。

 内容としては、『007』みたいなものだと思えばいいか。

 見所は前作同様ありえないアクションシーンで、紳士の道具を武器にしたり、マーベルヒーローみたいな身体能力を見せてくれる。

 人間を生きたままミンチにするという、バイオレンスシーンも健在だが、どこか笑えるのがこの映画の魅力である。

 

 前作の主人公エグジーの元に、元キングスマンのチャーリーがあらわれ、バトルを繰り広げたあと、全キングスマンの住所をハッキングされる。

 キングスマンの住まいにロケットが打ち込まれ、エグジーとマーリン以外全滅。

 アメリカのステイツマンという組織に助けを求める。

 そこには、前作で撃ち殺されたハリーが収容されていたが、彼は記憶を失っており、エグジーとマーリンのことをおぼえていなかった。

 麻薬組織ゴールデンサークルが、全世界に毒をばらまき、アメリカ大統領を脅迫する・・・。

 

 前作に出てきた魅力あるキャラクターを、今作であっさり殺すというなかなか斬新なことをしていた。

 陰鬱さのないコミカルさもウリである。

 敵キャラのサイコっぷりを楽しみましょう。

 

予告映像