小説制作所

兼業ライターが映画を語っています。

全電子書籍をEPUB形式に変換しました

 春となり、暖かくなってきました。

 そんなある日、とあるメールがAmazonから届きました。

 

2021 年 6 月 28 日以降、リフロー型電子書籍を新しく出版する場合、または以前出版したリフロー型電子書籍のコンテンツを更新する場合は、MOBI、PRC または AZK 形式のファイルをご利用いただけなくなります。代わりに、リフロー型電子書籍には EPUB、KPF (Kindle Create ファイル)、または DOC/DOCX (Microsoft Word ファイル) ファイルを使用されることをお勧めします。固定レイアウトの電子書籍には引き続き MOBI ファイルをご利用いただけます。

 

サポートされている電子書籍のファイル形式

 

 ということで、mobiのリフロー型電子書籍が終わるとのこと。

 まあmobiはAmazonでしか使わなかったため、Amazon専売のとき利用してました。

 楽天koboBOOK☆WALKERは現在EUPBで電子書籍を作っております。

 

 ちなみにリフロー型については、以下のホームページに詳しく書いております。

 

www.jepa.or.jp

 

 簡単に言うと、文字の拡大や縮小ができる機能ですね。

 スマートフォンで文章を読むのには必須の機能であります。

 

 そこで小説制作所としては、mobiの制作機能を捨て、全電子書籍売店で、EPUBを採用することにしました。

 すでに楽天koboBOOK☆WALKERで投入しておりますが、EPUB専用ソフトを使用しております。

 

 電子書籍を制作している人であれば、誰でも知ってる有名なソフトであります。(作品の最後にソフト名を強制表示しております。有料であれば、強制表示されなくなります。小説制作所は無料で利用させていただいております)

 

 現在は私の技術も上がっており、どうにか使いこなせるようになってきました。(超修行した)

 オリジナルに近い電子書籍ができあがっております。

 

【2021年4月3日時点で、AmazonKindle、楽天koboBOOK☆WALKERに投入済みです。内容はすべて同じですが、電子書籍リーダーによっては表示に差異があります。体験版や試し読みで試用後、お気に入りの電子書籍店をお選びください】

 

無料発売されている電子書籍

 

 

 

 

 

 全電子書籍EPUBにするにあたって、以下の点を改良しました。

 

・無駄な画像を排除

・空ページを排除

・登場人物紹介を画像化

ライトノベル系ではなく、文芸系(イラストなしのもの)のアマゾン専売の電子書籍は、自前のソフトでEPUB変換

・『白雪の記憶』『第三章 悪い夢』『ヒバリは部屋に戻った』の上の空白が半角だったため反映されなかったのを修正

 

 小説の内容やイラストなどはまったく変わっていませんので、無理してアップデートする必要はないかと思います。

 もし、購入済みの方で、新しい電子書籍をアップデートしたい方がいましたら、

 

・AmazonKindle、楽天koboではお問い合わせ

BOOK☆WALKERは手動でアップデート

 

 で、お願いいたします。

 詳しい方法はこちら↓

 

inaba20170119.hatenadiary.jp

 

 最後にお値段のほうですが、

 

・AmazonKindleは980円

楽天koboBOOK☆WALKERは898円

 

 と、現在のままでいきたいと思います。

 AmazonKindleがちょっと高いのは、単純にロイヤリティが他の電子書籍店と比べると低いからですね。

 Kindleは専売にしないとロイヤリティが高くならないので、ご容赦を。

 

 おしながき、出版書籍から【廉価版】を削除し、AmazonKindle、楽天koboBOOK☆WALKERに統合しました。↓

 

inaba20170119.hatenadiary.jp

 

inaba20151011.hatenablog.com

 

《注意!》

楽天 koboではハイパーリンクが設定できないため、リンク機能がありません。

 

 

 それでは、よき電子書籍ライフを!

 

 

f:id:inaba20151011:20180110091809j:plain