小説制作所

兼業ライターが映画を語っています。

ザ・フォーリナー 復讐者

f:id:inaba20151011:20200608220730j:plain


 今度のジャッキーはようしゃなし

 70/100

 

あらすじ

 

 ジャッキー・チェンがおなじみの笑顔を封印し、孤独で冷徹な復讐者をシリアスに演じたサスペンスアクション。

 

 元特殊部隊員のクァン・ノク・ミンは、現在はロンドンでレストランのオーナーとしてつつましく暮らしていた。

 

 ところがある日、高校生の愛娘が政治的な無差別テロに巻き込まれ、命を落としてしまう。

 

 静かな怒りに燃えるクァンは、犯人を探すうちに北アイルランドの副首相リーアム・ヘネシーの存在にたどり着き、復讐を開始するが……。

 

 ヘネシー役に5代目ジェームズ・ボンドピアース・ブロスナン

 

007 カジノ・ロワイヤル」のマーティン・キャンベル監督がメガホンを取り、「エネミー・オブ・アメリカ」のデビッド・マルコーニが脚本を手掛けた。

 

簡単な説明

 

 ジャッキーといえば今の若い人は知らないだろうが、コメディ映画の象徴である。

 あの人の良さそうな顔から繰り広げられる顔芸。

 アクションのセンスも抜群で、スタントを使わないことで有名だった。

 今回はガチでシリアスなので、ジャッキー映画の最後によくある『NG集』はない。

 

 主人公クアンは、娘を2人海賊にさらわれ、妻は最後の娘を産んだ直後亡くなっていた。

 一人娘をショップに連れていったところ、無差別テロによる爆発が起こり、娘を亡くしてしまう。

 最後の家族を失ったクアンは、北アイルランドの副首相を怪しいとにらみ、執拗に追跡を開始する。

 最初はただの老人だと、相手にしなかった副首相だが、手練れの部下が倒されたことにより、彼が特殊部隊出身のプロの殺し屋だったと知る・・・。

 

 全面的にシリアスなストーリーなので、コメディ調のジャッキーは期待しないことだ。

 ジャッキーもすっかり老人なのだが、キレのあるアクションは健在。

 ストーリーも割と見応えがあり、組織の内部抗争や痛々しいシーンもある。(多少都合のよい展開だったが)

 ハードボイルド好きにとってはいいのではないだろうか。

 ただ、私はジャッキーの格闘シーンを見ると、どうしてもコメディ調を思い出してしまうので、そこはシリアスに入り込めなかったのが難点であった。

 

予告映像