小説制作所

兼業ライターが映画を語っています。

【ノベラボ】最終選考候補に選出されました【第1回ノベラボ小説アワード】

 拙作『頭鳴り姫は怪異を語る』がデザインエッグ、ディスカヴァー・トゥエンティワン主催『第1回ノベラボ小説アワード』の最終選考候補に選出されました。(提出時のペンネーム「京介」)↓

 

https://www.novelabo.com/events/99

 

 受賞者様おめでとうございます。

 参加者の方々もお疲れ様でした。

 

 講評にあるとおり、文芸というか、ライト文芸寄りの作品なので、ファンタジーがけっこう入っております。

 それでも、最終選考に残ったのは意外で、文芸の才能が自分にあったことに驚きです。

 あと一歩でしたが、しかたないですね。

 実力を試したかったので、『因幡雄介』のペンネームは使いませんでしたが、納得の結果であります。

 

 それで、最終選考候補に残ると、特典としてノベラボを運営しているデザインエッグより表紙をいただけます。

 さっそく制作してもらい、『試し読み』として【サンプル】ができあがりました。

 表紙は、『ノベラボのロゴ付き』で、フィルターをかけております。↓

 

https://www.novelabo.com/books/6152/chapters

 

 いただいた表紙を使用し、小説制作所で電子書籍を制作し、以下の電子書籍ストアで発売する予定です。

 

www.amazon.co.jp

 

books.rakuten.co.jp

 

bookwalker.jp

 

 最終候補作品とはどんなレベルなのか?

 ぜひお買い上げくださいまし。

 

 ちなみにスローライフ電書から出す予定なので、発売日未定であります。

 わかっているのは、今年の発売は絶対無理ですね。(笑)

 

 それでは、インフルエンザにはお気をつけて。(予約がいっぱいで予防接種が受けられない)

 

 

f:id:inaba20151011:20180110091809j:plain